FC2ブログ
FCブログの奥底に潜む秘密の将棋部。 秘密ゆえ、ひっそり運営します。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年04月21日 (日) | 編集 |
なんか、ネット将棋の嫌な面をちょっと見ちゃったな。。

ホントにたまたま偶然なのかもしれないけど、結構辛い局面から起死回生の飛車金両取りで逆転の目が出たんだけど、相手が指した直後に接続不良になって、続行不能になっちゃったorz

これ2回目なんだよね。1回目は右四間の攻めのターンがこれから始まるといった局面で起こったことだけど、それも相手のルールにまかせてたら香車1枚落とされたとこからのスタートだったんで、結構満足してたとこでいきなり接続不良。

せめてそこまでの棋譜が残ってくれるとありがたいんだけど、棋譜も保存されず。なんか普通に戦って負けるよりくやしい。

ホントにたまたまの偶然も否定できないけど、どうにか改善できないかなー。

すいません、、、こんなつまんない事書いてもどうしようもないのは分かってるけど、あまりに悔しくて憂さ晴らしせずにはいられなかったので。。。


【追記】
これ読むと復帰できる可能性もあるってことかな。
スポンサーサイト

2013年04月17日 (水) | 編集 |
折角対人戦をやったことだし、前回の棋譜を振り返ってみようかな。

まずは自分なりにポイントを考えてみよう。ハッキリ言って超素人だから、全然的外れの可能性も高いよ。

【26手目:3三桂】
コメントにも書いたけど、これはまずまずの判断だったと思うな。4五の歩にヒモを付けてタダで取られる事を防ぐ事が目的だったんだけど、ついつい近場の銀でヒモを付けそうになったんだけど、これやっちゃうと、うわらば(※)な展開が待ってるんだよね。



ここに載せてない変化で△4五歩から▲3三銀と引く手もあるけど、指しにくくなりそうだね。

(※)北斗の拳の登場人物、天才アミバの最後の台詞。

【34手目:1四歩】
これは角の出番がなかなか回ってこなくて、博打的に角交換やっちゃおうとするための一手。正直、何やっていいか分かんなくなってたんだよね。この後結局角交換になったけど、やっぱり苦手だね。今見直してみたら、6一金を5二金→6三金と上がり、6四歩を守った後で4四銀で歩を取るのもありなのかなーと思ってみたり。ちなみに5二金を経由するのは飛車の動きの制約を緩めるためという理由なんだけど、どうでしょう?

うーん、ちょっと眠くなってきたので今回はここまで。

2013年04月16日 (火) | 編集 |
もっと自信がついたらHANGAME参加すると言ってたんだけど、自信なんて曖昧なもんを言い訳にしてたらいつまでたってもやらないだろーなと思って、遂に対局しちゃったよ。

HANGAMEは初心者が多いと聞いてたからtennneでもなんとかなると思ってたんだけど、みんな強えぇ、強えぇ。

最初、10分設定でやってみたんだけど、全然時間足りなくて、お話にならないレベルだったね。

どんだけタダ駒を献上した事か。金沢将棋やってたら時間なんか気にした事なかったから、プレッシャーが全然違いますわ。

そこでこの記事書く前に20分設定で1回やってみたよ。10分設定の時のようなタダ駒渡しは無かったけど、まだまだだね。終盤力が足りなさすぎるわ。

先に言っちゃうと負けたよ。当然だよね。まぁそんな将棋を晒すのもこのブログ的には面白いと思うので、アップしてみるよ。



ネット将棋始めてやってみたけど、想像してたよりみなさんサバサバしてて、やりやすかったよ。まだ、練習用ロビーでしかやったことないけどね。

ちなみにHANGAMEでのユーザ名はtennneじゃないよ。先客がいたみたいでtennneで登録できなかったんだぁ。

2013年04月11日 (木) | 編集 |
昨日に引き続き、金沢将棋Lv52と勝負したよ。

このLvまで指してきて感じたのは、相手玉が1筋側に寄ってくれた方が右四間としては戦いやすいと言う事。

右四間は4筋を軸に速攻で攻めていくので、その付近に相手玉がいる方が詰みが早いんだよね。

こちらの攻めを凌がれた時、もしくは攻めていても、相手玉が9筋側にいたら、玉に迫る間にもこちらも危うくなるんだよね。Lv51に大苦戦していたのもそういう事なんじゃないかなと思ってみたり。

で、今回のLv52は1筋側に寄ってくれたのでLv51よりは楽だったなぁ。



相手が9筋側に行った時は別の戦法も考えた方がいいのかなぁ。なんかいいのがあったら教えてください。

っていうか、今回の棋譜、右四間じゃないやん!

2013年04月10日 (水) | 編集 |
金沢将棋Lv51?


強いよね。


序盤、中盤、終盤、隙が無いと思うよ。


だけど、tennneは負けないよ!


えー、


駒だっ、


駒達が躍動するtennneの将棋を皆さんに見せたいね!







と言う事で、随分長い間、Lv51に苦しめられたなぁ。



その分、視野は広がった、、、、のかなぁ。



とか言いつつ、今回アップする棋譜はまぁ酷い。守りをほぼ捨ててるからね。





正直、もっと駒を活かさないといけないなーと、思ったので、手筋の本買いました。


羽生の実戦手筋羽生の実戦手筋
(2013/04/05)
森 けい二

商品詳細を見る


1日数ページずつしか読めないけど、駒別に手筋の解説が載ってて結構読みやすい、いい本だと思うよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。